インプラント

  • HOME
  • インプラント
インプラント

一般的なインプラント治療

一般的なインプラント治療

人工歯根を顎の骨の中に直接埋め込んで、その上に歯冠をつくって歯を修復する治療法です。1本から対応でき、入れ歯のようにグラつくことはありません。
人工歯根を埋め込む外科手術が必要なので、入念な検査や診断を行います。

当院が行っているインプラント治療

当院が行っているインプラント治療

インプラント治療で起こりやすいトラブルは、人工歯根の埋め込み手術の失敗による血管や神経の損傷です。これは、手術前の検査や診断を怠っていることから起こる医療ミスです。

当院では、CT(コンピュータ断層撮影)での画像診断から、人工歯根を埋め込み位置を正確に割り出します。切削には正確な施術が行え、神経や血管などに触れても切断しない超音波切削機を使用します。
手術は30分から、最長でも2時間ほどで終了します。局所麻酔をするので痛みはほとんどありません(手術後、麻酔が切れた後で多少の痛みがある場合もあります)。インプラントがまわりの骨と結合して安定するのに、6週間~24週間かかります。

当院でインプラント治療に使用している最新技術

当院でインプラント治療に使用している最新技術

大口式(OAM)インプラント法

骨をほとんど削り取らない画期的なインプラント治療法です。ドリルをほとんど使わないので、安全な治療が可能です。手術も1回で終わりますので、患者さまの負担も最小限で済みます。
今まで、骨が薄くてインプラント手術は困難だった患者さまでも、インプラント治療が可能になりました。

大口式(OAM)インプラント法

より安心・安全なインプラントを実現する光機能化とは?

安心・安全を実現する世界最先端技術、それが光機能化インプラントです。

最新の研究でわかった、
骨を作る性能が低下しているインプラント製品の現状。

最新の研究によれば、
インプラントに使用されるチタンは、工場でつくられてから時間が経つほどインプラントの周りの骨をつくる能力が低下していることが、米国の日本人研究者・小川隆弘教授らのグループにより判明しました。
つまり、今現在使用されているインプラントでは、本来の骨を作る能力は最高の状態ではないのです。

当院では光機能化インプラントを導入しており、インプラントを使用する直前に特殊な光(セラビームアフィニー)を照射することで、チタンを光機能化して新鮮な状態に戻して骨をつくる能力を最高の状態にしております。

これまで、この光機能化により、以下のような臨床実績が報告されております。

  • インプラント手術の成功率の向上
  • 治療期間の短縮
  • より強固な骨との結合
  • 骨造成を最小限に抑えることができる

などが報告されております。※こちらには個人差があります。

CGF

患者さまから採血した血液から作製した「完全自己血液由来のフィブリンゲル」です。傷口の回復が早くなるメリットがあります。

現在の入れ歯に不満をお持ちの方へ

現在の入れ歯に不満をお持ちの方へ

入れ歯は、使用時に違和感があったり、痛みを感じたりする場合があります。
また、定期的なお手入れも必要です。
それに比べてインプラントは、自分の歯が再生したように自然な噛み心地を実現します。
入れ歯に不満をお持ちの方は、インプラント治療の検討をおすすめします。

pagetop