口臭治療

口臭治療はどのようなことを行うか

口臭治療はどのようなことを行うか

口臭にはさまざまな原因がありますが、その90%以上は口腔内の細菌が発生する「揮発性ガス」にあります。細菌の数は口腔内の衛生状態に大きく左右されます。そのため、口臭予防には歯垢やバイオフィルム、歯石などのクリーニングや、虫歯治療を行うことが重要です。 また、だ液には殺菌作用があるので、だ液の量の少なさが口臭の発生につながります。だ液の分泌量を増やすために、だ液腺マッサージも行います。

近年、「自分は口臭ではないか」という強迫観念に悩まされる過敏症の人が増えています。そんな人が口臭治療を受けることで、精神的なストレスも軽減されます。

pagetop